よくある質問

共用サーバー (PS-01/PS-02)

よくある質問と回答集です。

機密保持契約(NDA)や個人情報の取り扱いについて、個別に締結できますか?

いいえ、個別に締結するサービスは行っておりません。
こちらについては、恐れ入りますがサイト上の利用規約や個人情報の取り扱いで代えさせて頂いております。

他社からドメインを移管する際の流れ

サーバの新規お申込みと合わせて、他社から弊社へドメインの管理を移管される場合の
注意事項と対応の流れについてご説明いたします。

作業概要

移行作業

※削除されない場合
申込後にドメイン移管を実施
サーバ切り替えと同時にwhois情報を変更

※削除される場合
ドメイン移管前にwhois情報のネームサーバを変更

ドメイン移管、およびサーバ開通完了

事前準備

お客様にて事前に下記の作業を実施願います。

  1. 移管の可否を確認
    下記の項目に該当する場合はドメイン移管を行うことができませんので事前にご確認ください。
    ・Whois情報公開代行を設定中
    ・トランスファー・ロックを設定中
    ・ドメインの登録・更新料金に未清算がある
    ・各種手続き中の場合(更新手続や登録者名義変更など)
    ・ドメイン登録、または前回の移管手続きを行ってから60日以内の場合(.jpドメイン以外)
    ・.jpドメインの場合:登録期限日まで7日以内
  2. 現在の管理業者(ホスティング業者)へ移管の意思を伝える
  3. 現在の管理業者(ホスティング業者)へ下記事項を確認
    ・ドメインの指定事業者を確認
    ・gTLDの場合は、オースコードを確認
  4. 現在の管理業者(ホスティング業者)へ、移管時の「zone情報」の取り扱いについて確認
    ・移管と同時にzone情報が「削除されない」 または 「削除される」かを確認
    ※削除の有無によって以降の対応が異なります。詳細は下記のフローをご確認ください。

申込から移管完了までの流れ

事前準備が完了しましたら下記の通り対応を進めます。

※zone削除されない場合

お客様 弊社サポート窓口へ申込みのご連絡をいただく
当サービス 弊社サポート担当者より申込書を送付
お客様 申込書の「ドメイン新規移管申込書」のシートへ事前準備で確認していただいた内容を記載
お客様 申込書をサポート窓口へ返送
当サービス 弊社より移管申請を実施
サーバー開通
当サービス サーバ設定情報をメールにて送付
お客様 上記メールに添付されている「zone情報」を確認し、問題がある場合は、メールの返信にて連絡
当サービス 弊社にてwhoisのネームサーバ切替を実施
対応完了

※zone削除される場合

お客様 弊社サポート窓口へ申込みのご連絡をいただく
※移管と同時にzone情報が「削除される」場合は、その旨を必ずお知らせ下さい。
当サービス 弊社サポート担当者より申込書を送付
お客様 申込書の「ドメイン新規移管申込書」のシートへ事前準備で確認していただいた内容を記載
お客様 申込書をサポート窓口へ返送
※併せて現在のzone情報をメールにてお知らせ下さい。
サーバー開通
当サービス サーバ設定情報をメールにて送付
お客様 上記メールに添付されている「zone情報」を確認し、問題がある場合は、メールの返信にて連絡
お客様 管理業者に依頼し、現在のwhoisのネームサーバの設定を弊社のネームサーバ情報へ変更
・ネームサーバ名
ns.dlsv.com
ns2.dlsv.com
ns3.dlsv.com
当サービス 弊社より移管申請を実施
対応完了
存在しない宛先のメールを 転送/拒否

存在しない宛先のメールを 転送/拒否

「存在しないメールアドレス」宛に送信されたメールを受信した際の動作を設定することができます。

【1】ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。

【2】「メール設定」タブを開き、「存在しないユーザへのメールの処理方法」を設定します。

   (標準では「拒否」が設定されています。)

 

・メッセージ付きでバウンス

 送信者に対して、指定したメッセージを返信します。上図赤枠①の欄にメッセージの内容を入力してください。

 ※この機能を有効にすると、迷惑メールなどを大量に受信した場合、サーバから大量にメールが返信されることになり、サーバ全体の評価が低下する可能性があります。

  設定される際は短期間にとどめていただき、長期間設定しないようにお願いいたします。

・指定アドレスに転送

 受信したメールを指定したメールアドレス宛に転送します。

 ※この機能を有効にすると、迷惑メールを大量に受信する可能性があります。

  設定される際はくれぐれもご注意ください。

・拒否

 対象のメールをサーバ上で拒否します。送信者にはエラーメッセージが返されます。

 ※通常は「拒否」を設定してください。

【3】OKをクリックします。

以上で設定は完了です。

Outlook(2013/2016)の警告表示(ポップアップ)について

旧サーバを停止した場合やメールアドレスを削除した場合に警告表示(ポップアップ)が表示されます。

警告表示を出さないようにする方法についてご説明いたします。

 

  1. 「送受信」タブの「送受信グループ」をクリックし、「送受信グループの定義(S)」をクリックします。
  2. 「送受信グループ」画面が表示されます。「編集(E)」をクリックします。
  3. 「送受信設定-すべてのアカウント」の画面が表示されます。
    「(old)」をつけたメールアカウントを選択し、「この送受信グループに選択されたアカウントを含める(I)」のチェックを外します。

以上でポップアップは出なくなります。

※ただし、対象アカウントの配下のフォルダを選択した状態で送受信の操作を行うと再びパスワードの入力を求める画面が出ますのでご注意ください。

以上です。

iPad、iPhoneの警告表示(ポップアップ)について

旧サーバを停止した場合やメールアドレスを削除した場合に警告表示(ポップアップ)が表示されます。

警告表示を出さないようにする方法についてご説明いたします。

 

  1. ホーム画面の「設定」を開き「アカウントとパスワード」をタップします。
  2. ホーム画面の「設定」を開き「アカウントとパスワード」をタップします。
    "iPad,iPhoneの警告表示(ポップアップ)
  3. 対象のアカウントをタップします。
    iPad,iPhoneの警告表示(ポップアップ) アカウント
  4. 「手動」をタップします。
    iPad,iPhoneの警告表示(ポップアップ) 手動
  5. 「データの取得方法」の画面に戻り「手動」になったことを確認し、完了です。
    iPad,iPhoneの警告表示(ポップアップ) データの取得方法
MacMail 11の警告表示(ポップアップ)について

旧サーバを停止した場合やメールアドレスを削除した場合に警告表示(ポップアップ)が表示されます。

警告表示を出さないようにする方法についてご説明いたします。

 

  1. 「キャンセル」をクリックします。
    MacMail 11の警告表示(ポップアップ)
  2. 「環境設定」をクリックします。
    MacMail 11の警告表示(ポップアップ)
  3. 警告が表示されたアカウントを選択し「このアカウントを使用」を無効にします。
    MacMail 11の警告表示(ポップアップ)
  4. 状況が「オフライン」になれば完了です。
    MacMail 11の警告表示(ポップアップ)
メールエイリアス設定方法

メールエイリアスとは

メールエイリアスとは、メールアドレスと紐付けられている別名のことです。

同一サイト内で使用されていないメールアドレス(@マークの左側部分)、ならびに、エイリアス名であれば設定が可能で、設定数に制限はありません。

エイリアス追加方法

  1. [メール]の中の[メールアドレス]を選択しクリックします。
    メールエイリアス 追加方法
  2. 次の画面で[メールエイリアス]タブをクリックします。メールエイリアス 追加方法
  3. [メールエイリアス]のボックスにエイリアスを入力し[OK]ボタンをクリックします。
    メールエイリアス 追加方法
  4. メールエイリアス設定が成功すると「情報:メールアドレスxxx@xxxx.xxの設定が保存されました」と表示されます。
    確認し、[OK]ボタンをクリックします。
    メールエイリアス 追加方法
  5. メールアドレスの下にメールエイリアスが追加されたことが確認できます。
    メールエイリアス 追加方法

エイリアス名が重複する場合

同一サイト内で既に使用されているメールアドレス(@マークの左側部分)やエイリアス名がある場合は、重複して設定することはできません。

  1. 例えば、このサイト内には、2つのメールアドレスが設定してあります。
    メールエイリアス 重複
  2. メールアドレス[sample@example.jp]にメールエイリアス[test@example.jp]を設定すると

    します。しかし、既にメールアドレス[test@example.jp]が存在しますので、重複して設定することはできません。その場合、「指定されたメールアドレスは既に存在します。」と表示されます。
    メールエイリアス 重複

メールエイリアスの削除

  1. メールエイリアスが1つだけ設定してある場合、エイリアス名を削除してください。
    メールエイリアス 削除
  2. メールエイリアスが2つ設定してある場合、1つ目はエイリアス名を削除し、2つ目には「削除」ボタンをクリックすると削除されます。
    メールエイリアス 削除
サイトコピーの手順

サーバ内のサブドメイン等で作成したWebコンテンツをメインの主契約のドメインへコピーが可能です。

  1. サブドメイン側でコンテンツデータを完成させた後、サブドメイン側の「ウェブサイトコピー」を選択します。
  2. 「サイト名」にて主契約ドメインを選択し、「既存ファイルに対して行う操作」を選択後、「OK」ボタンをクリックします。
  3. コピーが完了するとサブドメインで作成したコンテンツが主契約ドメインにコピーされ、コンテンツの表示が可能となります。
データベースのログインID/パスワード確認方法

ログインIDについては「データベース」→「接続情報」より確認できます。

パスワードにつきましては確認できません。

パスワードを忘れた場合はパスワードの再設定を実施してください。

パスワードの再設定方法は以下のとおりです。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、[データベース]をクリックします。
  2. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、[データベース]をクリックします。
  3. 新しいパスワードを2箇所に入力し「OK」をクリックします。
FTPアカウント追加

Web作成業者様等へFTPアカウントを別途発行したい場合や複数の担当者様でWebを更新したい場合、以下手順にてFTPアカウントの追加ができます。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、「ウェブサイトとドメイン」画面の「FTPアクセス」をクリックします。
    「ウェブサイトとドメイン」画面
  2. 「FTPアカウントを追加」ボタンをクリックします。
    FTPアカウントを追加
  3. 新しい任意の「パスワード」を入力するか、「生成」をクリックして任意のパスワードを自動生成します。
    「表示」をクリックすると、自動生成したパスワードが表示されます。
    「適用する」をクリックし、「OK」をクリックするとパスワードが変更されます。
    任意のパスワードを自動生成
項目 内容
FTPアカウント名 ログイン時に使用するIDを入力します。(使用できる文字:半角英数小文字)
新しいパスワード FTPアカウントに対するパスワードを入力します。
(8文字以上の半角英数字大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの)
なお、生成ボタンを押していただくことで簡単にパスワードが作成できます。
パスワードの確認 確認のため、新しいパスワードをもう一度入力します
FTPのパスワードは変更できますか

FTPパスワードは以下の手順にて再設定が可能です。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、[ウェブサイトとドメイン]画面の[FTPアクセス]をクリックします。
  2. 該当のFTPアカウントを選択します。
  3. 新しい任意の[パスワード]を入力するか、[生成]をクリックして任意のパスワードを自動生成します。
    [表示]をクリックすると、自動生成したパスワードが表示されます。
    [適用する]をクリックし、[OK]をクリックするとパスワードが変更されます。

※パスワードは、8文字以上、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を、各々1文字以上組み合わせる必要あり(例:P@ssw0rd12)

FTPSは使用できますか

使用できます。

※(暗号化方式:Explicrit/明示的)で接続が必要となります。

管理者パスワードの変更方法を教えてください

画面上部の「ログイン名:」右側に表示されているユーザ名をクリックして、「プロファイルを編集」をクリックします。

表示される画面内のパスワード欄(2箇所)に変更後のパスワードを入力して「OK」をクリックすることでパスワードが変更されます。

メーリングリスト作成
  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
    メーリングリスト作成
  2. 「メーリングリスト」タブをクリックし、「メーリングリストを作成」ボタンをクリックします。
    メーリングリスト作成
  3. 枠線で囲まれた項目に入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    メーリングリスト作成
項目 内容
メーリングリストのアドレス メーリングリスト名を入力します。(使用できる文字:半角英数小文字)
オン チェックを付けるとメーリングリストが有効になります。
メーリングリスト管理者のメールアドレス メーリングリスト管理者のメールアドレスを入力します。
パスワード パスワードを入力します。
(8文字以上の半角英数字大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの)
なお、生成ボタンを押していただくことで簡単にパスワードが作成できます。
パスワードの確認 確認のためもう一度上記のパスワードを入力します。
MLメンバー メーリングリストを配信するメンバーのメールアドレスを入力します。
メーリングリスト作成を管理者に通知する チェックを入れると、メーリングリスト作成を管理者のメールアドレスへ通知することができます。

※メーリングリストでは上記での手順の他に配信ポリシーの設定などのカスタマイズが可能な項目がございますが、ATWインターネットサービスではサポート対象外とさせて頂きます。
※PSプランでは、まとめ読みオプション・保存書庫オプションが無効でメーリングリストが作成されます。また、デフォルト言語は日本語となっております。

メールアドレス作成

メールアカウントは、お客様自身で作成、追加することができます。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
    plesk メールアドレス作成
  2. 「メールアドレスを作成」をクリックします。
    plesk メールアドレス作成
  3. メールアカウントの作成画面が表示されます。
    枠線で囲まれた項目に入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    plesk メールアドレス作成
項目 内容
メールアカウント名 作成したいメールアドレスの@から前の部分を入力します。
(使用できる文字:半角英数小文字)
新しいパスワード 上記メールアカウント名に対するパスワードを入力します。
(8文字以上の半角英数字大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの)
なお、生成ボタンを押していただくことで簡単にパスワードが作成できます。
パスワードの確認 確認のため、新しいパスワードをもう一度入力します
ウェブメールは利用できますか

PSプランでは、利用できるウェブメールアプリケーションを2種類ご用意しております。

普段お使いのメールソフトでメールが詰まってしまったとき、サーバ上のメールボックスに直接アクセスして不具合の原因となるメールを削除できます。
また、外出先などで自分のメールアカウントが設定されていない環境でもメールのやりとりができます。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. 「メール設定」タブを選択し、設定を変更するドメイン名をクリックします。
  3. 「ウェブメール」欄よりアプリケーションを選択し「OK」ボタンをクリックします。

ウェブメールへのログイン(Horde)

以下のアカウント情報を例として、説明します。

  • ドメイン名:example.jp
  • メールアカウント名:sample@example.jp
  1. ブラウザのアドレスバーに、「webmail.ドメイン名」の形式で入力してアクセスします。
    入力例:http://webmail.example.jp
  2. ログイン情報を入力し、「Log in」ボタンをクリックします。
  3. ウェブメールにログイン後、上部メニューからMailを選択すると、メールソフトと同様の操作を行うことができます。
  4. Mailメニューを選択すると以下の表示になります。利用後は右上のログアウトボタンをクリックしてください。

ウェブメールへのログイン(Roundcube)

以下のアカウント情報を例として、説明します。

  • ドメイン名:example.jp
  • メールアカウント名:sample@example.jp
  1. ブラウザのアドレスバーに、「webmail.ドメイン名」の形式で入力してアクセスします。
    入力例:http://webmail.example.jp
  2. ログイン情報を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
  3. ログインすると以下のような画面が表示されます。
    利用後は右上のログアウトボタンをクリックしてください。
メールのディスク容量はどのくらいですか

弊社にて登録したメールアカウント(ユーザ)につきましては、5GBとなっております。

お客様にて各ユーザのメールボックスサイズの制限も設定可能です。

設定方法につきましては、【メールボックスサイズ変更】を参照してください。

メールのパスワードがわからなくなってしまいました

弊社ではセキュリティの関係上お客様のパスワード情報を保持しておりません。

不明になった場合は、以下手順にて再設定の実施をお願いいたします。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. パスワード変更を行うメールアドレスをクリックします。

    ※選択したメールアカウントの画面が表示されます。ここでは、sample@example.jpを例に説明します。
  3. メールアカウントの設定画面が表示されます。
    枠線で囲まれた項目に入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    ※上記メールアカウント名に対するパスワードを入力します。
    (8文字以上の半角英数字大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの)
    なお、生成ボタンを押していただくことで簡単にパスワードが作成できます。
自動応答設定において、同じアドレスに対し1日あたりの応答数を設定できますか

以下手順にて設定可能です。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
    自動応答設定において、同じアドレスに対し1日あたりの応答数を設定できますか
  2. 設定を行うメールアドレスをクリックします。
    自動応答設定において、同じアドレスに対し1日あたりの応答数を設定できますか
    ※選択したメールアカウントの画面が表示されます。ここでは、sample@example.jpを例に説明します。
  3. 画面上部の「自動応答」タブをクリックします。
    自動応答設定において、同じアドレスに対し1日あたりの応答数を設定できますか
  4. 枠線で囲まれた項目を変更し、「OK」ボタンをクリックします。
    自動応答設定において、同じアドレスに対し1日あたりの応答数を設定できますか