よくある質問

専用サーバー > ウェブについて

よくある質問と回答集です。

SNI (Server Name Indication) 対応ブラウザ

SNI (Server Name Indication) 対応ブラウザは、以下となります。

・Internet Explorer7 (Windows Vista)以降 ※WindowsXpは非対応です。
・Mozilla Firefox 2.0 以降
・Google Chrome 6 以降
・Safari 3.0 以降
・iOS 4以降の MobileSafari
・Android Honeycomb 3以降
・Windows Phone 7以降

※フィーチャーフォン:未対応
※IPアドレスベースは、様々なブラウザやフィーチャーフォンに対応しております。

.htaccessを利用したい

.htaccessを利用したい

ご利用頂いている専用サーバにて、各仮想サイト毎に.htaccessの設定が可能です。
デフォルトでは.htaccessの機能は無効になっておりますので、.htaccessを利用したい場合は以下の手順で有効化の上、ご利用ください。

管理画面にログイン

ご利用の専用サーバの管理画面にログインします。
この作業は、「サーバ管理者アカウント」であるsysadminで行います。
各仮想サイトの管理者である「サイト管理者アカウント」では行えませんのでご注意ください。
01_管理画面ログイン

管理画面URL http://お客様ホスト名/login または
http://ご契約専用サーバのIPアドレス/login
ユーザ名 sysadmin
パスワード sysadminのパスワード

※ログイン情報は、ご契約時にお渡ししております「サーバ設定情報」に記載されております。
サーバ設定情報がお手元にない場合はサポート窓口までご連絡ください。

.htaccessを有効化するサイトの選択

.htaccessを有効にするサイトを選択し05_editをクリックします。
下記の例では「www.digitalink.ne.jp」で.htaccessを有効にします。
02_仮想サイト一覧

.htaccessの設定

左メニューの「.htaccess」をクリックし、.htaccessの設定画面を開きます。
下記3項目のみを設定して「保存」ボタンをクリックすれば、.htaccessが有効化されます。
その他の項目につきましては必要に応じて設定をお願いします。
なお、.htaccessの記述内容に関するお問合せはサポート対象外とさせて頂きます。
※「BASIC認証有効」にチェックを入れると即座に対象の仮想サイトにBASIC認証が適用されますので、設定の際はご注意ください。
03_htaccess有効化

ユーザ名 ユーザ名を設定します。(BASIC認証を有効にした場合はBASIC認証のユーザ名になります。)
パスワード パスワードを設定します。大文字小文字含む英数字8文字以上で設定してください。
.htaccess有効 チェックを入れます。

 

.htaccessファイルの確認

保存が完了すると、対象の仮想サイトのDocument Root直下に「.htaccess」ファイルが生成されます。
対象の仮想サイトの「サイト管理者アカウント」でFTP接続して確認します。
04_htaccessファイル確認
こちらの.htaccessファイルをお客様でご用意した.htaccessファイルと差し替えて頂いたり、そのまま上書きして頂ければ.htaccessの機能をご利用頂けます。

hostsの設定方法

hostsファイルの設定について

サーバの切替前に、Webサイトの動作確認を行って頂くため、hostsファイルを編集して頂きます。
設定を実施したPCからはお客様の公開前のサーバのWebサイトの動作をご確認頂けます。
Internet Explorerなどのブラウザでお客様のWebサイトにアクセスし、正しく動作しているかご確認をお願い致します。
なお、設定変更後も表示が変わらないなどございましたらブラウザの更新やキャッシュの削除をお試しください。
キーボードの [Ctrl + F5] 同時押下でスーパーリロードをお試しください。(MacOSの場合[Command + R]同時押下)
動作確認が終わりましたら、同じ手順にて設定を削除して頂きます。

ご利用中のパソコンのバージョンが分からない方はこちらをご参照ください。

Windows XP

1.「スタート」 ⇒ [ファイル名を指定して実行] を選択します。
01

 

2.名前欄に以下の文字列を入力し、 [ OK ] ボタンを押下します。
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc

02

 

3.「hosts」ファイルをダブルクリックします。
03

 

4.「Word Pad」をクリックし、 [ OK ] ボタンを押下します。
04

 

5.一番下の行に「サーバ設定情報」に記載されている「IPアドレス」と「ホスト名」を入力します。
※IPアドレスとホスト名の間はTabキーを押下して空白を入力します。
上記入力後、「ファイル」 ⇒ 「上書き保存」を選択してファイルを閉じます。
05

 

Windows Vista

1.「スタート」 ⇒ 「すべてのプログラム」 をクリックします。
01

 

2.「アクセサリ」 ⇒ 「メモ帳」 を右クリックして、「管理者として実行」 を選択します。
02

 

3.「ファイル」 ⇒ 「開く」 を選択します。
03

 

4.アドレスバーに以下の文字列を入力し、Enterキーを押下します。
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc

04

 

5.表示された「hosts」をダブルクリックします。
05

 

6.一番下の行に「サーバ設定情報」に記載されている「IPアドレス」と「ホスト名」を入力します。
※IPアドレスとホスト名の間はTabキーを押下して空白を入力します。
上記入力後、「ファイル」 ⇒ 「上書き保存」を選択してファイルを閉じます。
06

 

Windows 7

1.「スタート」 ⇒ 「すべてのプログラム」 をクリックします。
01

 

2.「アクセサリ」 ⇒ 「メモ帳」 を右クリックして、「管理者として実行」 を選択します。
02

 

3.以下のようなポップアップが表示されました「はい」を選択します。
03

 

4.「ファイル」 ⇒ 「開く」 を選択します。
04

 

5.アドレスバーに以下の文字列を入力し、Enterキーを押下します。

 C:\WINDOWS\system32\drivers\etc

右下のメニューから 「すべてのファイル」 を選択します。
05

 

6.表示された「hosts」をダブルクリックします。
06

 

7.一番下の行に「サーバ設定情報」に記載されている「IPアドレス」と「ホスト名」を入力します。
※IPアドレスとホスト名の間はTabキーを押下して空白を入力します。
上記入力後、「ファイル」 ⇒ 「上書き保存」を選択してファイルを閉じます。
07

 

Windows 8

1.タスクバー右下端にマウスポインタを移動させ、メニューを表示して 「検索」 アイコンを押下します。
Windowsアクセサリの 「メモ帳」 を右クリックして、「管理者として実行」 を選択します。
01

 

2.以下のようなポップアップが表示されましたら「はい」を選択します。
02

 

3.「ファイル」 ⇒ 「開く」 を選択します。
03

 

4.アドレスバーに以下の文字列を入力し、Enterキーを押下します。

  C:\WINDOWS\system32\drivers\etc
右下のメニューから 「すべてのファイル」 を選択します。
04

 

5.表示された「hosts」をダブルクリックします。
05

 

6.一番下の行に「サーバ設定情報」に記載されている「IPアドレス」と「ホスト名」を入力します。
※IPアドレスとホスト名の間はTabキーを押下して空白を入力します。
上記入力後、「ファイル」 ⇒ 「上書き保存」を選択してファイルを閉じます。
06

 

Mac OS X Mountain Lion

1.「移動」 ⇒ 「ユーティリティ」 を選択します。
01

 

2.「ターミナル」をクリックします。
02

 

3.以下の文字列を入力し、Returnキーを押下します。
  sudo vi /private/etc/hosts

お使いのMacのルートユーザのパスワードを入力し、Returnキーを押下します。
03

※この作業を行うにはお使いのMacにてルートユーザを有効にしておく必要があります。
下記Apple社のサポートページをご覧になり、ルートユーザを有効にしてください。
■Mac OS X で「ルート」ユーザを有効にして使用する
https://support.apple.com/ja-jp/HT1528

 

4.「i」キーを押下し、一番下の行に「サーバ設定情報」に記載されている「IPアドレス」と「ホスト名」を入力します。
※IPアドレスとホスト名の間はTabキーを押下して空白を入力します。
上記入力後、「esc」キー ⇒ 「:wq」 と入力し、Returnキーを押下します。
04

 

5.確認が終わったら上記の手順で再度hostsファイルを編集し、追加した行を削除します。
「i」キーを押下し、対象の行を削除後、「esc」キー ⇒ 「:wq」と入力し、Returnキーを押下します。

 

Mac OS X Yosemite

1.「移動」 ⇒ 「ユーティリティ」 を選択します。

 

2.「ターミナル」 をクリックします。
02_ターミナル起動

 

3.以下の文字列を入力し、Returnキーを押下します。

  sudo vi /private/etc/hosts
04_sudo

 

4.お使いのMacのルートユーザのパスワードを入力し、Returnキーを押下します。
05_パスワード入力

※この作業を行うにはお使いのMacにてルートユーザを有効にしておく必要があります。
下記Apple社のサポートページをご覧になり、ルートユーザを有効にしてください。
■Mac OS X で「ルート」ユーザを有効にして使用する
https://support.apple.com/ja-jp/HT1528

※入力したパスワードは画面上に表示されませんのでご注意下さい。

 

5.「i」キーを押下し、一番下の行に「サーバ設定情報」に記載されている「IPアドレス」と「ホスト名」を入力します。
※IPアドレスとホスト名の間はTabキーを押下して空白を入力します。
07_内容追記

 

6.上記入力後、「esc」キー ⇒ 「:wq」 と入力し、Returnキーを押下します。
08_終了

7.確認が終わったら上記の手順で再度hostsファイルを編集し、追加した行を削除します。
「i」キーを押下し、対象の行を削除後、「esc」キー ⇒ 「:wq」と入力し、Returnキーを押下します。

グローバルサイン社SSLサーバ証明書のサイトシールは設置できますか

Globalsign(グローバルサイン)の下記サイトを参考および遵守して設置を行ってください。
http://jp.globalsign.com/service/ssl/siteseal/

Anonymous FTPは使えますか

本サービスではご利用いただけません。

弊社ホスティングサーバに乗り換え後、CGIが使えなくなってしまいました

サーバを変更したことでCGIの実行環境が変わってしまっていることが考えられます。
まずはCGIを作成された業者へご確認ください。
1.該当CGIファイルのPerl実行パスを確認してください(xxxx.cgi の1番始めの行)。
2.弊社ホスティングサーバのPerlパスを確認します。
3.パスの位置が同じであれば、実行権限が乗り換え前とは異なる可能性があります。

CGIの実行ができません

表示されるエラーによって対処方法が異なります。
・Permission Denined …パーミッション(権限)設定が間違っていませんか。
実行権限を755に変更してください。※FTPソフトでパーミッション設定できます。
各ソフトの設定方法は、各ソフト説明書をご参照ください。
・Not such file or directry …そのCGIを実行するためのファイルは全てアップロードされていますか。CGI内の、各ファイルを指定する設定は正しいですか。

ウェブサイトを公開するには、サイトのデータをどこにアップロードすればよいですか

ウェブサイトを公開するには、各ファイルを’/web’以下に置く必要があります。

PHPは使えますか

ご利用可能です。特にアップロードする場所の指定は無く動作いたします。
バージョンはご契約のプランによって異なりますので、詳細はサポート窓口までお問い合わせください。

CGI/SSIを動作させるのに.htaccessを記述する必要はありますか

通常は必要はありません。アクセス制限などをかけたい時や、特殊な拡張子でSSIを動作させたい場合は、.htaccess が必要となります。