よくある質問

専用サーバー > FTPについて

よくある質問と回答集です。

FTPの設定方法 -FileZilla編-

はじめに

このマニュアルは「Windows版 FileZilla 3.10.3」を基に作成されています。参照する前に、お使いのソフトウェアのバージョンを確認してください。
ソフトウェア本体に関するお問合せ、ソフトウェアの不具合に関するお問合わせは、ソフトウェア付属の解説書、ヘルプをご確認の上、ソフトウェアの製造元にお問合せ下さい。

設定例

ホスト名 www.digitalink.ne.jp
ユーザ名(サイト管理者アカウント名) digitalink

上記は本マニュアル中での例です。お客様が設定される際は、お客様の情報に置き換えてご確認ください。

STEP1 : FileZilla設定画面の起動

  1. FileZillaを起動してください。
    00_filezilla-300x300
  2.  

  3. 起動したら以下の画面が表示されるので、[ ファイル(F) ] ⇒ [ サイトマネージャ(S) ] を選択します。
    01_起動後
  4.  

STEP2 : 接続情報の設定

  1. 一般設定画面が開くので、[ 新しいサイト ]をクリックし、ご自分のサイトを登録します。
    画面左上の名前は任意の名前を設定してください。
    02_一般設定

    ホスト(H) 接続するホスト名、またはご契約サーバのIPアドレス
    ポート(P) 21
    プロトコル(T) FTP – ファイル転送プロトコル
    暗号化(E) Only use plain FTP (insecure)
    ログオンの種類(L) 通常
    ユーザ(U) サイト管理者のアカウント名
    パスワード(W) サイト管理者のパスワード

    …サイト管理者のアカウント名はご契約時にお渡ししております「サーバ設定情報」に記載されております。

  2.  

  3. [ 詳細 ] タブを選択し、「既定のリモートディレクトリ(E)」に「/web」と入力します。
    03_詳細設定
  4.  

  5. [ 転送設定 ] タブを選択し、「転送モード(T)」を「パッシブ」に変更します。
    ※この設定は、オプションです。ご利用のインターネット環境(ADSLやCATVなど)によって必要になる場合があります。
     詳しい情報はご利用のプロバイダへお問い合わせください。

    04_転送設定
  6.  

  7. [ 文字セット ] タブを選択し、文字セットエンコーディングを「自動検出」に設定します。
    ※サーバの文字コードは「UTF-8」となっております。
    05_文字セット
  8. 以上で設定は終わりです。

STEP3 : 接続テスト及びWebコンテンツの転送

  1. サイトマネージャの「接続(C)」ボタンをクリックしてサーバに接続します。
    06_接続
  2.  

  3. サーバに接続出来ると、以下のように「接続されました」というメッセージと「Directory listing of “/web” successful」と表示されます。
    また、リモートサイト(サーバ側のディレクトリ)が「/web」になっていることが確認出来ます。
    07_接続後
  4.  

  5. アップロードしたいファイルを選択し、「右クリック」 ⇒ 「アップロード(U)」をクリックするとサーバにアップロードされます。
    ファイルをドラッグ&ドロップでもアップロード可能です。
    ※アップロードできない場合は管理画面より「サイト管理者アカウント」に割り当てられている容量を
     オーバーしていないか、またはサイト全体で利用可能な容量をオーバーしていないかをご確認ください。

    08_アップロード
  6.  

  7. 転送を終えたら、切断ボタンか「サーバ(S)」-「切断(D)」 をクリックし、FTP接続を終了してください。
    09_切断

 
以上でFileZillaにおける設定とWebコンテンツのアップロードテストは完了です。

FTPの設定方法 -FFFTP編-

はじめに

このマニュアルは「Windows版 FFFTP 1.98」を基に作成されています。参照する前に、お使いのソフトウェアのバージョンを確認してください。
ソフトウェア本体に関するお問合せ、ソフトウェアの不具合に関するお問合わせは、ソフトウェア付属の解説書、ヘルプをご確認の上、ソフトウェアの製造元にお問合せ下さい。

設定例

ホスト名 www.digitalink.ne.jp
ユーザ名(サイト管理者アカウント名) digitalink

上記は本マニュアル中での例です。お客様が設定される際は、お客様の情報に置き換えてご確認ください。

STEP1 : FFFTP設定画面の起動

  1. FFFTPを起動してください。
    FFFTP
  2.  

  3. FFFTPの起動と同時にホスト一覧ウィンドウが開きます。
    ※開かない場合は「接続(F)」―「ホストの設定(H)」で開いてください。
  4.  

  5. 「新規ホスト(N)…」をクリックします。

STEP2 : ホストの設定

  1. 「基本」タブを選択し、以下の設定項目を入力してください。

    ホストの設定名(T) FFFTPでこの設定を識別する名前を指定します。お好きな名前を設定ください。
    ホスト名(アドレス)(N) 接続するホスト名、またはご契約サーバのIPアドレス
    ユーザ名(U) サイト管理者のアカウント名 ※1
    パスワード/パスフレーズ(P) サイト管理者のパスワード
    ホストの初期フォルダ(R) /web ※2

    ※1…サイト管理者のアカウント名はご契約時にお渡ししております「サーバ設定情報」に記載されております。
    ※2…ホストの初期フォルダ(R)の設定は任意ですが、こちらを設定しておきますとFTP接続時にデフォルトで公開用ディレクトリが表示されます。

  2. 接続に関する設定(オプション)を行います。
    ※この設定は、オプションです。ご利用のインターネット環境(ADSLやCATVなど)によって必要になる場合があります。
    詳しい情報はご利用のプロバイダへお問い合わせください。
  3.  

  4. 「拡張」タブを選択し、「PASVモードを使う」の項目をチェックしてください。

STEP3 : 接続テスト及びWebコンテンツの転送

  1. ホスト一覧ウィンドウから、設定した「ホストの設定名(T)」を選択し、「接続(S)」ボタンを押します。
    サーバに接続できると「ファイル一覧の取得は正常に終了しました」とメッセージが表示されます。
  2.  

  3. サーバへの接続を確認したら、左側のウィンドウ(お客様の端末)からファイルを選択し、アップロードボタンをクリックします。
    ※ご契約サーバにはデフォルトのindex.htmlなどが存在しておりますが、こちらをお客様コンテンツと差し替えてください。

     
  4. 選択したファイルが右側のウィンドウ(サーバ)へ転送されます。
  5.  

  6. 転送を終えたら、切断ボタンか「接続(F)」-「切断(R)」をクリックし、FTP接続を終了してください。

 
以上でFFFTPにおける設定とWebコンテンツのアップロードテストは完了です。

FFFTPが文字化けしてしまいます

FFFTPにおいて日本語ファイルが文字化けする際の対処法

FFFTPで日本語を含むファイル名のファイルが文字化けして表示される場合のFFFTPの設定変更方法をご案内します。
※当社のサーバはLinuxサーバです。Linuxサーバでは、出来る限り「日本語のファイル名」や「空白を含むファイル名」は利用されないようご注意ください。

設定変更手順

  1. FFFTP を起動
    デスクトップなどにあるFFFTPのショートカット、または、スタートメニューより[すべてのプログラム]→[FFFTP]→[FFFTP]をクリックしてプログラムを起動してください。
  2.  

  3. 「ホスト一覧」の「「設定変更(M)」のボタンをクリックしてください。
    「ホスト一覧」のウィンドウで対象のホストを選択した状態で「設定変更(M)」のボタンをクリックして、「ホストの設定」のウィンドウを開きます。
    「ホスト一覧」のウィンドウがない場合はメニューバーから[接続(E)]→[接続(C)]を選択してください。「ホスト一覧」ウィンドウが開きます。
  4.  

  5. 「拡張」タブを選択して設定を入力してください
    「ホストの設定」ウィンドウの「拡張」タブをクリックしてください。
    「接続時にホストに送るコマンド(I)」に下記を入力して、「ホストの設定」のウィンドウの[OK]ボタンをクリックして設定完了してください。
    OPTS UTF8 OFF
    FFFTPoptsutf8off
  6.  

  7. 設定完了
    設定完了後、「ホスト名設定名」を選択して[接続]ボタンをクリックしてサーバに接続してください。
    文字化けが発生していないことを確認します。表示が変わらない場合は、[F5]キーで表示を更新してください。
FTPユーザIDは変更できますか

IDの変更は行えません。