マニュアル

ATWインターネットサービスの使い方

ご利用にあたって

本マニュアルでは、サイト管理者でログインした際の「サイト管理画面」での操作について説明しています。

動作環境

ブラウザ


ご利用のパソコンにて、以下のブラウザがご利用可能な状態である必要があります。

Windows 7

Windows 8/8.1

Windows 10

InternetExplorer ® 8

FireFox

Google Chrome

Microsoft Edge ®

Mac OS X

Safari

サイト管理画面の動作にはcookies、CSS、Javascript を有効にしておく必要があります。
ご使用のウェブブラウザに依存してサイト管理画面の動作に問題が発生する場合があります。
なお、操作上の問題が発生してもシステムやデータに影響はありません。

ネットワーク


ご利用のパソコンがインターネットへ接続されている必要があります。

メール送受信、ホームページの閲覧ができるようであれば、インターネットに接続されています。さらにサイト管理画面には、TCP/8443を使用してアクセスします。

お客様の環境にてファイアーウォールやプロキシー等が存在する場合は、お客様のネットワーク管理者にご確認ください。

本マニュアルの画像は、下記の PC 環境によるものです。

パソコンの OS: Windows 8
サイト管理画面について

サイト管理画面にログインする方法と、ログイン後に表示されるサイト管理画面について説明します。

サーバへのログイン方法

ログイン方法を説明します。

  1. ブラウザを起動し、アドレス欄に、サーバ設定情報シートのサイト管理画面URLを入力します。
    例)https://www.example.jp:8443
    ※ログインページを表示するとき、ブラウザがセキュリティ証明書に関する警告を表示しますが、実際にサイト管理画面へログインするときには、データが暗号化されています。
    ご利用には問題ありませんので、そのまま進んでログインしてご利用ください。例)Internet Explorerの場合は以下のような画面が出ます。「このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)。」をクリックしてください。
  2. ログイン画面が表示されます。ログイン情報を入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

    ドメイン管理者としてログインする場合のログイン情報
    項目 内容
    ユーザ名 サーバ設定情報シートの管理者IDを入力します。
    パスワード 上記管理者IDの管理者パスワードを入力します。
    インターフェース言語 デフォルト
    メールアカウントでログインする場合のログイン情報
    項目 内容
    ユーザ名 ご利用のメールアドレス全て(メールアドレス形式)を入力します。
    パスワード 上記メールアドレスのパスワードを入力します。
    インターフェース言語 デフォルト

    ※ウェブユーザ権限ではログインできません。
    ※メールユーザ権限でログインした場合、ログインしたユーザ自身の設定のみ行うことができます。

    当マニュアルでは、ドメイン管理者としてログインを行った場合の操作方法を説明していますが、基本的な操作方法はドメイン管理者の操作方法と同じです。

    ログイン後、サイト管理画面が表示されます。

※ログイン画面が表示されないときは

  • サーバの移行を行って間もない
    インターネット上の情報変更が完全には終わっていないため、サーバ設定情報シート「サーバ情報」に記載のホスト名ではサーバにアクセスできないことがあります。
    その場合は、サイト管理画面URL(サーバ設定情報シート)を参照の上、IPアドレスでアクセスしてください。

その他、以下の原因が考えられます。

  • ファイアーウォールなどでPORT TCP/8443が、閉じられている
  • インターネット接続などのネットワーク機能が、正常に動作していない

上記事項をご確認の上、なお解決されない場合には、各お問い合わせ窓口または弊社サポートセンターまでお問い合わせください。

ウェブサイトの動作確認(サイトプレビューでの確認方法参照)

ATWインターネットサービスのサーバに、ウェブサイトの転送が終わった時点で、まだドメイン名によるアクセスができない状態の場合、アップロードしたウェブサイトの動作をサイト管理画面から確認できます。
サイト管理画面にログイン後、「プレビュー」アイコンをクリックすると、別ウィンドウでアップロードしたサイトが表示されます。

※プレビュー機能ではCGIやPHPなど、動的なページが正常に表示されない可能性がございます。あらかじめご了承ください。
プレビューではなく、実際の動作を確認されたい場合は以下URLの手順をご参照ください。
hostsの設定方法

サイト管理画面について

サイトを運用する上で、ご利用になるサイト管理画面の主なメニューを説明します。

2

項目 内容
① ログイン名、契約 現在ログインしているユーザ名とご契約のドメイン名が表示されます。
② ナビゲーションペイン 管理画面上で使用可能なツールを項目別に整理して表示します。

ウェブサイトとドメイン ウェブホスティング設定の管理を行います。
メール メールに関する設定を管理します。
ファイル サーバ上のファイルの管理ができます。
データベース データベースの作成、管理ができます。
統計 ディスクとトラフィックの使用状況や、ウェブサイトへのアクセス統計情報を確認できます。
ユーザ ユーザアカウントの追加、管理ができます。
アカウント ご利用中のサーバのディスク使用量やトラフィックなどのリソース、ホスティングオプション、パーミッションの詳細情報が表示されます。
WordPress WordPressのインストール、更新を行います。
Advisor SSL/TLS証明書のインストールおよび、証明書で保護されたウェブページを作成します。
③ サブドメインを追加 ご契約ドメインにサブドメインを追加します。追加したサブドメインはウェブサイトとドメインの画面の下方に、下図のように表示されます。
例):サブドメイン「subdomeweb.example.jp」を追加した場合。
④ メニューアイコン 各種ツールのアイコンが表示されます。詳細は次表をご参照ください。
⑤ リソース利用状況 ご利用中のサーバのディスク使用量およびトラフィックが表示されます。

メニューアイコン

項目 内容
ウェブホスティングアクセス 契約に関連付けられた IP アドレスを参照できます。またシステムユーザアカウントのユーザ名とパスワードを変更できます。
FTPアクセス FTP接続するためのアカウントを管理できます。
ホスティング設定 ウェブサイトの設定を管理します。
Let’s Encrypt ご契約ドメイン用に無料 SSL/TLS 証明書を作成します。
PHP設定 PHPの設定を管理します。
Apache と nginx の設定 Apacheとnginxの設定を指定できます。
ファイルマネージャ サーバ上のファイルを管理できます。
ウェブ統計 ウェブページのアクセス統計を表示します。
ウェブ統計 SSL/TLS SSL/TLSで保護されたウェブページのアクセス統計を表示します。
Whois 情報 ご契約ドメインのWhois情報を表示します。
メールアドレス メールアドレスを作成、管理を行います。
メール設定 メールのルールを設定、管理を行います。
SSL/TLS証明書 SSL/TLS証明書の設定を行います。
ウェブアプリケーションファイアウォール ウェブアプリケーションファイアウォール(ModSecurity)を構成します。
パスワード保護ディレクトリ 保護ディレクトリを作成、管理します。
ウェブサイトコピー ウェブサイトファイルを別のサイト、または別のサーバにコピーします。
ログ ログファイルを確認します。
ウェブユーザ ウェブユーザを作成、管理します。

ログアウト

サイト管理画面を終了するときは、画面右上のログイン名をクリックし、ログアウトをクリックしてください。

サポートの範囲

Plesk Onyxは多様な機能を装備していますが、ATWインターネットサービスが提供する各コースでご案内する機能は、絞り込んで限定的に提供しています。
サポートの範囲も、当マニュアルおよびオンラインマニュアルでご案内している機能に限られています。

あらかじめご了承ください。

ウェブサイトについて

ウェブサイトを表示させるために

ウェブコンテンツをサーバにアップロードためには、FTPという転送ソフトを利用して簡単に行うことができます。このFTPソフトにはいくつか種類がありますが、ここでは無料でダウンロードできる以下のFTPソフトを利用したアップロード方法をご案内いたします。

<はじめに>

◆弊社サーバの仕様
cgiファイルのパーミッションは755にしてください。
Perlのパス   :/usr/bin/perl
Sendmailのパス :/usr/sbin/sendmail

◆FTPソフトの設定
FTPホスト名    :サーバのIPアドレス  or  onxXX.atw.ne.jp
FTPユーザ名    :FTPログイン名
FTPパスワード:FTPパスワード
弊社サーバに接続する時の指定:/httpdocs

 

Windows用FTPソフト - FFFTP

※ソフトは最新版をご利用ください。
※FFFTP1.92a以前のバージョンは、ファイルリスト表示時のデフォルト設定がNSLTとなっていますので、ホストの設定画面の[高度]タブ内「LISTコマンドでファイル一覧を取得」にチェックを入れて接続してください。
※FTPソフトのダウンロード、およびインストールはお客様のご判断で行ってください。


アップロード方法について
ウェブサイトのプレビューでの確認
コンテンツへのアクセスを制限する
データベース
ウェブユーザ
FTPパスワード再設定手順

アップロード方法について

FFFTP(Windows用FTPソフト)の場合

  1. FFFTPを起動すると「ホスト一覧」画面が表示されますので、画面右側の[新規ホスト]をクリックします。
  2. 次に「ホストの設定」画面が表示されます。赤枠の項目に情報を入力し、[OK]をクリックします。

    項目 内容
    ホストの設定名 ホスト一覧画面に表示される識別しやすい任意の名称を入力します。
    ホスト名(アドレス) ドメイン名(例:ftp.example.jp)を入力します。
    (サーバー移転直後などはIPアドレスを入力します。)
    ユーザ名 FTPログイン名を入力します。
    パスワード 上記FTPログイン名のパスワードを入力します。
    ローカルの初期フォルダ パソコン上のウェブコンテンツを保存しているフォルダを指定します。
    ホストの初期フォルダ 「/httpdocs」と入力します。
  3. 「ホスト一覧」画面に戻ります。
    追加した設定が表示されていることを確認し、[接続]をクリックしてください。
  4. サーバへ接続され、次の画面になります。

    項目 内容
    1 ローカルフォルダ一覧 お客様パソコン内の場所が表示されます。
    2 ホストディレクトリ一覧 接続しているサーバ内の場所が表示されます。
    3 ローカル側ファイルリスト 1のフォルダ内のファイルが表示されます。
    4 ホスト側ファイルリスト 2のディレクトリ内のファイルが表示されます。
  5. 以下の画面でコンテンツをアップロードします。ローカル側ファイルリストからアップロードしたい(ウェブサイトで公開したい)ファイルを選択し、画面左上のアップロードボタン図 24をクリックすると、右側のホスト側ファイルリストに移行します。
    これで、サーバへのアップロードが完了です。
    また、データを選択した状態で、ホスト側ファイルリストにドラッグアンドドロップしても同様にアップロードできます。

ウェブサイトのプレビューでの確認

ウェブサイトは、作成後すぐにインターネットアクセス可能になるわけではありません。

ドメイン名の登録後、または、ウェブサイトのIPアドレス変更後、DNSの切り替えが完了するまでは、作成したウェブサイトにアクセスできません。しかし、こちらのサーバでは「サイトプレビュー機能」を利用して、発行した直後のウェブサイトでも参照することができます。

ウェブサイトのプレビュー方法

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログインしてください。
  2. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、プレビューしたいウェブサイト名の下にある[プレビュー]をクリックすると確認できます。

コンテンツへのアクセスを制限する

インターネット上でウェブサイトを開設すると、アドレス(URL)さえ知っていれば誰でもアクセスができますが、特定のコンテンツは会員だけに公開したいといった場合に便利なのがアクセス制限です。

アクセス制限をかけると、そのウェブページを閲覧ための専用IDとパスワードが必要になります。

アクセス制限をかけるには

保護したいディレクトリの作成方法

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログインします。
  2. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、[パスワード保護ディレクトリ]をクリックします。
  3. [保護ディレクトリ]の画面が表示されます。
  4. ツールにある[保護ディレクトリを追加]をクリックします。
  5. [新しい保護ディレクトリ]を作成する画面が表示されます。
  6. アクセス制限を適用したいディレクトリを指定して[OK]をクリックします。

任意のユーザ名とパスワードの設定

  1. 次の画面で、該当の保護ディレクトリをクリックします。
  2. [ユーザを追加]をクリックします。
  3. 任意の[ユーザ名][新規パスワード][パスワードの確認]を入力し、[OK]をクリックします。

    [ユーザ名]は、1文字~20文字まで。半角英数字、特殊文字利用可能。
    ※パスワードは、8文字以上で、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を各々1文字以上組み合わせる必要があります。(例:P@ssw0rd12)
  4. 保護したディレクトリに接続するためには、設定した[ユーザ名]と[パスワード]を入力し確認します。
    保護したディレクトリのページが表示されれば設定完了です。※以下の画面は、Google Chromeの画面です。

データベース

サーバ上にデータベースを作成することができます。作成できるデータベースはMySQLとなり、MySQLの管理画面がphpMyAdminとなります。

データベースの作成と接続方法

  1. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、[データベースを追加]をクリックします。
  2. [データベースを追加]画面で、[データベース名][データベースユーザ名][新規パスワード][パスワードの確認]を入力し、[関連サイト]のプルダウンメニューから、このデータベースを使用するウェブサイトを選択します。多数のウェブサイトとデータベースがある場合、関連付けするサイトをご選択ください。

    ※[データベース名] [データベースユーザ名]は、1文字以上16文字以下。半角英数字、ドット、ダッシュ、アンダースコアのみ。
    ※[生成]をクリックするとパスワードが自動生成され、[表示]でパスワードを確認できます。
    ※パスワードは、8文字以上で、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を、各々1文字以上組み合わせる必要あり(例:P@ssw0rd12)
  3. データベースが追加されると以下の画面になり、[phpMyAdmin]をクリックすると、データベース管理画面に接続できます。
    ※[phpMyAdmin]は2か所ありますが、どちらからでも接続できます。
    ※1「データベース」画面から「phpMyAdmin」を選択して開く。

    ※2「ウェブサイトとドメイン」の画面から「データベース」アイコン下のデータベース名を選択し「開く」をクリックして開く。

データベース削除方法

データベースの削除は、インストールされたAPSアプリケーションで使用されていないデータベースやデータベースユーザに限り、削除することができます。リンクが表示されない場合、又はチェックボックスが灰色(無効化)の表示の場合、このデータベースは使用されており、該当アプリケーションを削除しなければ、データベースを削除することはできません。

  1. [ウェブサイトとドメイン]へアクセスし、[データベース]をクリックします。
  2. [データベースを削除]をクリックすると「このデータベースを削除しますか?」と表示されたら、「はい」をクリックします。
  3. データベースが削除されると以下の画面になります。

ウェブユーザ

ウェブユーザは、与えられた限定領域のみの管理を行うことができます。

http://ご契約ドメイン名/~ウェブユーザ名

で表示される領域となります。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、[ウェブサイトとドメイン]画面の[ウェブユーザ]をクリックします。
  2. [ウェブユーザを追加]をクリックします。
  3. 任意の[サーバにFTP接続するためのユーザ名][新規パスワード][パスワードの確認]を入力し、[OK]をクリックします。パスワードは[生成]をクリックすると自動生成もできます。

    ※[サーバにFTP接続するためのユーザ名]は、半角英数字(小文字のみ)、ダッシュ、ドット、アンダースコアは使用可能。ユーザ名の先頭は英数字にする必要あり。
    ※[生成]をクリックするとパスワードが自動生成され、[表示]でパスワードを確認できます。
    ※パスワードは、8文字以上、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を、各々1文字以上組み合わせる必要あり(例:P@ssw0rd12)
  4. ウェブユーザが追加されました。

FTPパスワード再設定手順

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、[ウェブサイトとドメイン]画面の[FTPアクセス]をクリックします。
  2. 該当のFTPアカウントを選択します。
  3. 新しい任意の[パスワード]を入力するか、[生成]をクリックして任意のパスワードを自動生成します。
    [表示]をクリックすると、自動生成したパスワードが表示されます。
    [適用する]をクリックし、[OK]をクリックするとパスワードが変更されます。

    ※パスワードは、8文字以上、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を、各々1文字以上組み合わせる必要あり(例:P@ssw0rd12)
メールについて

メールアカウントの作成
メールの転送設定
自動応答設定
スパムフィルタの設定
アンチウイルスの設定
メールボックスをオフにする
パスワードを再設定する
メーリングリストの作成
ウェブメールの利用

メールアカウントの作成

メールアカウントは、お客様自身で作成、追加することができます。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. メールアドレスを作成」をクリックします。
  3. メールアカウントの作成画面が表示されます。
    枠線で囲まれた項目に入力し、[OK]ボタンをクリックします。
項目 内容
メールアカウント名 作成したいメールアドレスの@から前の部分を入力します。
(使用できる文字:半角英数小文字)
新しいパスワード 上記メールアカウント名に対するパスワードを入力します。
(8文字以上の半角英数字大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの)
なお、生成ボタンを押していただくことで簡単にパスワードが作成できます。
パスワードの確認 確認のため、新しいパスワードをもう一度入力します

メールの転送設定

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. 転送設定を行うメールアドレスをクリックします。

    ※選択したメールアカウントの画面が表示されます。ここでは、sample@example.jpを例に説明します。
  3. 画面上部の「転送」タブをクリックします。
  4. 「転送」のチェックボックスにチェックを入れ、「転送先アドレス」を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

上記設定内容の場合、sample@example.jp宛に送信されたメールがxxx@example.jpおよびzzz@example.jpに転送されます。
転送元でメール受信を行っていない場合、届いたメールがメールボックスに貯まり続けてしまい、いずれは容量が超過してしまいます。

これを防ぐために、転送元アカウントのメールボックスを「オフ」に設定してください。
メールボックスを「オフ」にしておくと、転送元アカウント宛に送られたメールは転送元には届かず、転送先にのみメール配信されます。
詳細は「メールボックスをオフにする」を参照ください。

自動応答設定

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. 自動応答設定を行うメールアドレスをクリックします。

    ※選択したメールアカウントの画面が表示されます。ここでは、sample@example.jpを例に説明します。
  3. 画面上部の「自動応答」タブをクリックします。
  4. 枠線で囲まれた項目に入力し、「OK」ボタンをクリックします。
項目 内容
自動応答をオンにする 自動応答のON /OFFの切り替えを行います。
自動応答メールの件名 自動応答の際のメール件名を入力します。
メッセージ形式 自動応答のメッセージタイプを選択します。※テキスト形式はあらゆるメールソフトで処理できます。 一方、HTML 形式では、文字の装飾等が可能なため見栄えのするメールを作成できます。ただし、HTML メッセージに対応しないメールソフトを使用している受信者には、書式付きテキストが表示されない可能性があります。
エンコーディング 自動応答メッセージのテキストエンコードを指定します。
※推奨はUTF-8となります。
自動応答メールのテキスト 自動応答の本文を入力します。
転送先 自動応答メールを送信すると同時に、元のメールを指定されたアドレスに転送します。
同一アドレスに対する自動応答の送信回数の上限(1日あたり) 一日に送られる同一メールアドレス宛の自動応答の回数を制限します。
添付ファイル 自動応答メッセージを送信する際に添付ファイルを合わせて送信できます。
指定日に自動応答をオフにする 指定された日時で自動的に自動応答メッセージの配信を停止することができます。

スパムフィルタの設定

完全に不要なメールを遮断することは困難ですが、スパムフィルタの設定をすることによって、対策にかかる作業時間や負担を軽減することができます。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. スパムフィルタ設定を行うメールアドレスをクリックします。

    ※選択したメールアカウントの画面が表示されます。ここでは、sample@example.jpを例に説明します。
  3. 画面上部の「スパムフィルタ」タブをクリックします。
  4. 枠線で囲まれた項目に入力し、「OK」ボタンをクリックします。
項目 内容
このメールアドレスに対してスパムフィルタをオンにする スパムフィルタのON/ OFFの切り替えを行います。
スパムとして分類されたメッセージに対する処理 サーバにてスパムと判定されたメールに対しての処理内容を指定します。設定項目ごとの詳細な動作内容は以下のとおりです。
スパムメッセージの件名に指定テキストを追加する メールの件名に***SPAM***等指定の文字列を付けてユーザに配送します。
スパムメッセージを全て削除する メールは受信者には配送されず削除されます。
スパムをスパムフォルダに移動する メールは自動的にサーバ内のスパムフォルダに移動されます。スパムフォルダ内のメールを閲覧する場合は、IMAP接続にてメールソフトを設定するか、Webメール機能をご利用いただくことで確認できます。

※スパムとして判定したいドメインや判定したくないドメインがある場合は、下部の「詳細な設定を表示」より設定が可能です。

タブ名 内容
スパムフィルタの感度 スパム判断のスコア値やスパムと判断されたメールの処理方法を設定します。
※ スコア値が大きいほど、判定基準は緩和されます。
ブラックリスト 自動的にスパムとして認識されるメールアドレスを設定します。
※ 完全なメールアドレス、またはワイルドカード(*)を使ったパターン(例:*@hoge.comと記入した場合、hoge.comドメインからのすべてのメールが対象となります)での設定ができます。
メールはユーザ様へ配送されません。
ホワイトリスト 自動的に安全として認識されるメールアドレスを設定します。
※ 完全なメールアドレス、またはワイルドカード(*)を使ったパターンでの設定ができます。

※スパムフィルタ(SpamAssasin)が、必ずしも正しくスパムを判別するとは限りません。
必要なメールもスパムメールと判断して削除してしまうこともありますので、十分ご注意ください。
なお、必要なメールが削除されてしまった場合でも、ATWインターネットサービスでは一切の責任を負いません。自己責任の元でご利用ください。

アンチウイルスの設定

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. アンチウイルス設定を行うメールアドレスをクリックします。

    ※選択したメールアカウントの画面が表示されます。ここでは、sample@example.jpを例に説明します。
  3. 画面上部の「アンチウイルス」タブをクリックします。
  4. 枠線で囲まれた項目に入力し、「OK」ボタンをクリックします。
項目 内容
このメールアドレスに対してアンチウイルスの保護をオンにする “アンチウイルスのON
/ OFFの切り替えを行います。”
ウイルスチェック チェック対象を選択します。

メールボックスをオフにする

転送設定が行われているメールアドレスについて、転送元メールアドレスでメールを受信せず、転送のみで利用される場合は以下設定を実施してください。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. メールボックスをオフにするメールアドレスをクリックします。

    ※選択したメールアカウントの画面が表示されます。ここでは、sample@example.jpを例に説明します。
  3. 「全般」タブの内容が表示されます。「メールボックス」のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。

パスワードを再設定する

メールアカウントに設定されているパスワードを忘れてしまった場合、管理画面より再設定できます。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. パスワードを再設定するメールアドレスをクリックします。
  3. 「全般」タブの内容が表示されます。「パスワード」と「パスワードの確認」に新しく設定するパスワードを入力し、「OK」をクリックします。
項目 内容
新しいパスワード 上記メールアカウント名に対するパスワードを入力します。
(8文字以上の半角英数字大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの)
なお、生成ボタンを押していただくことで簡単にパスワードが作成できます。
パスワードの確認 確認のため、新しいパスワードをもう一度入力します

メーリングリストの作成

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. 「メーリングリスト」タブをクリックし、「メーリングリストを作成」ボタンをクリックします。
  3. 枠線で囲まれた項目に入力し、「OK」ボタンをクリックします。
項目 内容
メーリングリストのアドレス メーリングリスト名を入力します。(使用できる文字:半角英数小文字)
オン チェックを付けるとメーリングリストが有効になります。
メーリングリスト管理者のメールアドレス メーリングリスト管理者のメールアドレスを入力します。
パスワード パスワードを入力します。
(8文字以上の半角英数字大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたもの)
なお、生成ボタンを押していただくことで簡単にパスワードが作成できます。
パスワードの確認 確認のためもう一度上記のパスワードを入力します。
MLメンバー メーリングリストを配信するメンバーのメールアドレスを入力します。
メーリングリスト作成を管理者に通知する チェックを入れると、メーリングリスト作成を管理者のメールアドレスへ通知することができます。

※メーリングリストでは上記での手順の他に配信ポリシーの設定などのカスタマイズが可能な項目がございますが、ATWインターネットサービスではサポート対象外とさせて頂きます。

※PSプランでは、まとめ読みオプション・保存書庫オプションが無効でメーリングリストが作成されます。
また、デフォルト言語は日本語となっております。

ウェブメールの利用

利用するウェブメールの選択

PSプランでは、利用できるウェブメールアプリケーションを2種類ご用意しております。
普段お使いのメールソフトでメールが詰まってしまったとき、サーバ上のメールボックスに直接アクセスして不具合の原因となるメールを削除できます。

また、外出先などで自分のメールアカウントが設定されていない環境でもメールのやりとりができます。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、左側メニュー「メール」をクリックします。
  2. 「メール設定」タブを選択し、設定を変更するドメイン名をクリックします。
  3. 「ウェブメール」欄よりアプリケーションを選択し「OK」ボタンをクリックします。

ウェブメールへのログイン(Horde)


以下のアカウント情報を例として、説明します。

ドメイン名:example.jp
メールアカウント名:sample@example.jp

  1. ブラウザのアドレスバーに、「webmail.ドメイン名」の形式で入力してアクセスします。
    入力例:http://webmail.example.jp
  2. ログイン情報を入力し、「Log in」ボタンをクリックします。
  3. ウェブメールにログイン後、上部メニューからMailを選択すると、メールソフトと同様の操作を行うことができます。
  4. Mailメニューを選択すると以下の表示になります。利用後は右上のログアウトボタンをクリックしてください。

ウェブメールへのログイン(Roundcube)


以下のアカウント情報を例として、説明します。

ドメイン名:example.jp
メールアカウント名:sample@example.jp

  1. ブラウザのアドレスバーに、「webmail.ドメイン名」の形式で入力してアクセスします。
    入力例:http://webmail.example.jp
  2. ログイン情報を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
  3. ログインすると以下のような画面が表示されます。
    利用後は右上のログアウトボタンをクリックしてください。
メールソフト設定手順(新規アカウント)

本手順は、新規アカウント用のメールソフト設定手順となります。

▼各種メールソフトの設定方法


Outlook2013
Outlook2016
MAC Mail11
Thunderbird52.7.0
Becky2
ipad,iPhone11
Android8.0(Aqua Mail)

※手順書内のエーティーワークス指定の受信サーバの情報・エーティーワークス指定の送信サーバの情報につきましては、

サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報をご参照ください。


 

Windows 10 でOutlookをご利用の場合、「ようこそ」の画面が表示されてしまい、手順書通りに設定ができないことがございます。

その場合は、以下の手順にてアカウント設定いただきますようお願いいたします。

1.Outlookを終了していただきます。
2.「スタート」をクリックし、表示されたアプリの一覧の「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックします。

3.「コントロールパネル」を開き、右上の「表示方法」より「カテゴリ」を選択します。
4.「ユーザーアカウント」を選択します。 ※「ユーザー アカウントとファミリー セーフティ」の場合もあります。
5.「メール」を選択します。 ※「Mail(Microsoft Outlook ****)」の場合もあります。
6.Outlookと同じ画面でユーザーアカウントの一覧が表示されますので
こちらの画面より「新規」を選択いただきますと、手順書通りの作業が可能となります。


※上記設定を行ってもメール送受信できない場合はこちらもご参考ください。

メールソフト設定手順(サーバ切替)

本手順は、サーバ切替用(現サーバ→新サーバへ移行)のメールソフト設定手順となります。

▼各種メールソフトの設定方法


Outlook2013
Outlook2016
MAC Mail11
Thunderbird52.7.0
Becky2
ipad,iPhone11
Android8.0(Aqua Mail)

 

※手順書内のエーティーワークス指定の受信サーバの情報・エーティーワークス指定の送信サーバの情報につきましては、サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報をご参照ください。
尚、【現サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報】【新サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報】が必要となります。


Windows7 のパソコンをご利用の場合、手順書通りにメールソフトの設定ができない可能性がございます。(暗号化通信が脆弱である為)
弊社では回避策として、Windows7 + thunderbird の組み合わせで正常に稼働することを確認済みです。


Windows 10 でOutlookをご利用の場合、「ようこそ」の画面が表示されてしまい、手順書通りに設定ができないことがございます。
その場合は、以下の手順にてアカウント設定いただきますようお願いいたします。
1.Outlookを終了していただきます。
2.「スタート」をクリックし、表示されたアプリの一覧の「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックします。
3.「コントロールパネル」を開き、右上の「表示方法」より「カテゴリ」を選択します。
4.「ユーザーアカウント」を選択します。 ※「ユーザー アカウントとファミリー セーフティ」の場合もあります。
5.「メール」を選択します。 ※「Mail(Microsoft Outlook ****)」の場合もあります。
6.Outlookと同じ画面でユーザーアカウントの一覧が表示されますので
こちらの画面より「新規」を選択いただきますと、手順書通りの作業が可能となります。

WordPressをご利用の場合

ワンクリックでWordPressをインストールする方法
ダッシュボードのログインIDとパスワードの確認方法
セキュリティチェック(セキュリティ強化)
自動更新の設定(WordPress本体)
複製(検証環境の作成)
同期(検証環境で更新した内容を本番環境へ同期)

ワンクリックでWordPressをインストールする方法

※本作業を行う場合は、 Internet Explorer 以外のブラウザをご利用ください。
 Internet Explorer の場合、特定のボタンが表示されない場合がございます。

  1. [ウェブサイトとドメイン]から[インストール]をクリックします。
    (※簡易インストールとなります。)
    [WordPress]→[インストール]からはカスタムインストールも可能です。
  2. WordPressのインストールが始まり、次の画面が現れます。
    ※https://wordpress.org より最新版を取得してきます。
  3. WordPressのインストールが完了します。(今回はいいえを選択します)
    プラグインをインストールする場合は、[プラグインをインストール]を選択します。
  4. WordPressインストール完了後、テーマ・プラグインのインストール・削除と、WordPress本体も含めたバージョン管理が可能となります。

ダッシュボードのログインIDとパスワードの確認方法

  1. [管理者]の横の[セットアップ]をクリックします。
  2. [管理者]と[現在のパスワード]が確認できます。パスワードは、目のマークをクリックして確認ができます。

セキュリティチェック(セキュリティ強化)

  1. セキュリティステータスの[表示]をクリックすると即時セキュリティチェックが始まります。]
  2. セキュリティチェックの結果が表示されますので、強化するセキュリティのチェックボックスを有効にして、[セキュリティ強化]をクリックします。チェックボックスが有効でない場合は[セキュリティ強化]ボタンがクリックできませんのでご注意ください。

自動更新の設定(WordPress本体)

  1. アップデートの [表示]をクリックします。
    デフォルトでマイナーバージョンを自動アップデートが選択されています。
  2. [表示]をクリックして、自動更新設定が変更できます。

複製(検証環境の作成)

WordPress サイトを複製すると、ウェブサイトファイル、データベース、設定がすべて含まれる完全なウェブサイトのコピーが作成されます。

  1. ツール欄の[複製]をクリックします。
  2. 複製先ドメインは、サブドメイン staging.<ドメイン名> がデフォルトで割り当てられます。データベースの複製先変更も行えます。[OK]をクリックすると複製が始まります。
    ※PS-01はサブドメインオプションが必要となります。
  3. WordPressの複製が始まり、次の画面が現れます。
    自動でstaging.<ドメイン名>のWebスペースを確保し、コンテンツ、データベースをそちらへ複製します。さらに、複製先データベースに合わせた、構成ファイルwp-config.phpの書き換えを行います。
  4. 複製作業は完了です。 staging.<ドメイン名> が複製されたことを確認できます。

同期(検証環境で更新した内容を本番環境へ同期)

複製したWordPressの動作確認ができたら、サービスサイトへコンテンツ、データベースを同期します。

※PS-01はサブドメインオプションが必要となります。

  1. 更新元となる staging.<ドメイン名> 内のツール欄の[同期]をクリックします。
  2. どのサイトへ同期するか、どのコンテンツ、データベースを同期するか選択します。データベースの同期については、全てのテーブルを対象とするのか、新しいテーブルだけ、もしくは、選択したテーブルだけといった決定が可能です。
    ※wp-config、.htaccess、web.configファイルは同期されません。これらのファイルを変更すると、WordPress が正しく動作しなくなる可能性があるためです。
  3. 確認画面が表示されます。万が一の為に復元ポイントの作成をお勧めします。
  4. WordPressの同期が始まり、次の画面が現れます。
  5. 同期日が表示されて、同期作業は完了です。

 

サーバ利用上の注意

接続環境について

サーバご利用の際には、オフィスやご自宅からインターネットアクセスできる環境が必要です。

ATWインターネットサービスでは、そのようなインターネット接続サービスの取り扱いはございません。

お手数ですが、お客様にてプロバイダ等が提供する接続サービスをご準備くださいますようお願いいたします。

メールサーバとしてのご利用の際

メールソフトについて

メールソフトへのメールアドレスの設定はお客様にて行っていただくことになります。
メールソフト毎の「メール設定手順書」を当社サイトに掲載しておりますのでご参考になさってください。

メールソフト設定手順(新規アカウント)

ウェブサーバとしてのご利用の際

ウェブコンテンツについて

ウェブコンテンツにつきましては、お客様にて作成していただき、サーバへアップロードしていただくことになります。また、ウェブコンテンツはお客様の大切なご資産です。予期せぬハードウェア障害などによるデータ消失に備えて、お客様にて定期的にバックアップを取っていただきますようお願いいたします。

利用制限・禁止事項について

利用制限

ATWインターネットサービスでは、安心して快適に当サーバをご利用いただくために、サーバへ過度な負担がかかる以下の事項のご利用はご遠慮いただいております。

  • メールマガジンなど、大量メールの配信サービス(専用サーバご利用の場合は可能です)
  • サーバに負荷がかかる設定での各種CGI、Movable Typeなどの利用
  • CGIチャットのご利用
  • レンタルCGIサービスのサイト
  • 検索エンジンやCRONを使用して定時起動するタイプのCGIを利用するサイト

禁止事項

また、次のようなコンテンツの設置は禁止となります。その他、レンタルサーバのウェブスペース利用上の観点から、好ましくないと判断したものに関しましては、予告なくサービスの停止を行うことがあります。

  • アダルトサイト
  • 出会い系サイト
  • 非合法サイト
  • わいせつな内容のサイト
  • 公序良俗に反する内容のサイト

措置について

ATWインターネットサービスでは、利用制限や禁止事項のご利用を発見したとき、ならびに、それらがサーバ不具合の原因にあたることが確認できた場合は、予告なく以下の措置をとることがあります。

  • サービスの停止
  • パスワードの強制変更
  • 実行プロセスの強制終了
  • CGIプログラムの権限の停止

詳細につきましては「契約約款」をご参照ください。

サポート体制

サポート体制

ATWインターネットサービスに関するお問い合わせは、株式会社エーティーワークスの以下の窓口までお願いします。
また、ATWインターネットサービスサポートサイトでも各種情報を公開しておりますので、併せてご利用ください。

◆お問い合わせ先
Tel:0120-122-541
MAIL :support@atw.jp
※ 各窓口とも、電話受付は9:00~17:00(土日・祝祭日除く)です。

ATWインターネットサービスサポートサイト

https://www.atw.jp/support/
ATWインターネットサービスのWebサイトは、お客様サポートを第一に、メンテナンス情報はもちろん、FAQやサポートキーワード検索、各種オンラインマニュアルを公開しています。
* 対応SSL証明書はグローバルサイン社のクイック認証SSLを推奨させて頂きます。

その他のお問い合わせは…

インターネットにつながらない、または一部のパソコンだけインターネットにつながらない


ご契約のインターネットサービスプロバイダ、ネットワーク管理者、またはLAN構築を委託された業者様にご相談ください。

パソコンのアプリケーションが動かない


アプリケーションの販売店、開発元のサポート窓口にお問い合わせください。

パソコン・周辺機器に関して


弊社でご購入いただいたお客様は、担当営業までお問い合わせください。
その他のお客様は、販売店または製造メーカーにご相談ください。

Plesk Mobile(スマホでサーバー管理)

Plesk Mobile(スマホでサーバー管理)の使用方法について

 

Plesk Mobile(スマホでサーバー管理)では、パソコンでログインして確認するよりも、

早くピンポイントに集約された情報を確認することが可能です。 使用方法は以下をご参照ください。

 

(1)以下リンク先よりインストールをします。

アプリはiOS版とアンドロイド版があります。※アプリは無料で利用可能です。

Plesk Mobile Apple

Plesk Mobile – Google Play の Android アプリ

 

※以下からは iOS版 の画面となります。

(2)インストール後、Plesk Mobileのアイコンが表示されます。

(3)Plesk Mobileのアイコンをタップすると以下の画面が表示されますので右上の[+]をタップします。

(4)アカウントの追加画面が表示されますので、以下の情報を入力し右上の[保存]をタップします。

ホスト名:サーバ設定情報に記載のIP

ユーザ名サーバ設定情報に記載の管理者ID

パスワード:サーバ設定情報に記載の管理者パスワード

名前:任意の名前

(5)アカウントの追加が完了すると、

ファイル・Pleskで管理(アプリ上にPleskのWeb画面が表示される 英語表記のみ)

ブラウザでサイトを開く・リソース使用量が確認できます。

 

■ファイル
ファイルマネージャを使用してウェブサイトファイルを管理できます。
シンプルなエディタまたは機能がより充実したアプリでファイルを編集できます。

■Pleskで管理
Plesk ユーザインターフェースで管理操作できます。
※英語表記がデフォルトとなります。

■ブラウザでサイトを開く
ウェブブラウザで自分のサイトを確認できます。

■リソース使用量
自分のサイトのリソース使用状況(ディスク使用量やトラフィック)を参照できます。