マニュアル

ATWインターネットサービスの使い方

サーバ利用上の制限

サーバ利用上の制限

当サーバを安心・安全にご利用いただくため、以下の制限を設けています。

アダルトサイト、出会い系サイト、非合法サイト、猥褻な内容のサイト、公序良俗に反する内容のサイトについて


ATWインターネットサービスでは、アダルトサイトの運営をご遠慮いただいています。日本では違法とはならないようなアダルト系のサイトも制限しています。

サーバに過度の負荷をかけるサイトについて


ATWインターネットサービスのサーバは、1台のサーバを複数ドメインで共有していただくため、以下のような過度にサーバへの負担となるご利用はご遠慮ください。良識の元でご利用ください。

  • サーバに負荷がかかる設定での各種CGI、Movable Typeなどの利用(負荷にご配慮ください)
  • CGIチャットの利用
  • レンタルCGIサービスのサイト
  • 検索エンジンやCRONを使って定時起動するタイプのCGIを利用するサイト
  • メールマガジンの配信サービス(専用サーバでの配信をご検討ください)
ご利用にあたって

本マニュアルでは、サイト管理者でログインした際の「サイト管理画面」での操作について説明しています。

動作環境

ブラウザ


ご利用のパソコンにて、以下のブラウザがご利用可能な状態である必要があります。

Windows 7

Windows 8/8.1

Windows 10

InternetExplorer ® 8

FireFox

Google Chrome

Microsoft Edge ®

Mac OS X

Safari

サイト管理画面の動作にはcookies、CSS、Javascript を有効にしておく必要があります。
ご使用のウェブブラウザに依存してサイト管理画面の動作に問題が発生する場合があります。
なお、操作上の問題が発生してもシステムやデータに影響はありません。

ネットワーク


ご利用のパソコンがインターネットへ接続されている必要があります。

メール送受信、ホームページの閲覧ができるようであれば、インターネットに接続されています。さらにサイト管理画面には、TCP/8443を使用してアクセスします。

お客様の環境にてファイアーウォールやプロキシー等が存在する場合は、お客様のネットワーク管理者にご確認ください。

本マニュアルの画像は、下記の PC 環境によるものです。

パソコンの OS: Windows 8
ウェブサイトについて

ウェブサイトを表示させるために

ウェブコンテンツをサーバにアップロードためには、FTPという転送ソフトを利用して簡単に行うことができます。このFTPソフトにはいくつか種類がありますが、ここでは無料でダウンロードできる以下のFTPソフトを利用したアップロード方法をご案内いたします。

<はじめに>

◆弊社サーバの仕様
cgiファイルのパーミッションは755にしてください。
Perlのパス   :/usr/bin/perl
Sendmailのパス :/usr/sbin/sendmail

◆FTPソフトの設定
FTPホスト名    :サーバのIPアドレス  or  onxXX.atw.ne.jp
FTPユーザ名    :FTPログイン名
FTPパスワード:FTPパスワード
弊社サーバに接続する時の指定:/httpdocs

 

Windows用FTPソフト - FFFTP

※ソフトは最新版をご利用ください。
※FFFTP1.92a以前のバージョンは、ファイルリスト表示時のデフォルト設定がNSLTとなっていますので、ホストの設定画面の[高度]タブ内「LISTコマンドでファイル一覧を取得」にチェックを入れて接続してください。
※FTPソフトのダウンロード、およびインストールはお客様のご判断で行ってください。


アップロード方法について
ウェブサイトのプレビューでの確認
コンテンツへのアクセスを制限する
データベース
ウェブユーザ
FTPパスワード再設定手順

アップロード方法について

FFFTP(Windows用FTPソフト)の場合

  1. FFFTPを起動すると「ホスト一覧」画面が表示されますので、画面右側の[新規ホスト]をクリックします。
  2. 次に「ホストの設定」画面が表示されます。赤枠の項目に情報を入力し、[OK]をクリックします。

    項目 内容
    ホストの設定名 ホスト一覧画面に表示される識別しやすい任意の名称を入力します。
    ホスト名(アドレス) ドメイン名(例:ftp.example.jp)を入力します。
    (サーバー移転直後などはIPアドレスを入力します。)
    ユーザ名 FTPログイン名を入力します。
    パスワード 上記FTPログイン名のパスワードを入力します。
    ローカルの初期フォルダ パソコン上のウェブコンテンツを保存しているフォルダを指定します。
    ホストの初期フォルダ 「/httpdocs」と入力します。
  3. 「ホスト一覧」画面に戻ります。
    追加した設定が表示されていることを確認し、[接続]をクリックしてください。
  4. サーバへ接続され、次の画面になります。

    項目 内容
    1 ローカルフォルダ一覧 お客様パソコン内の場所が表示されます。
    2 ホストディレクトリ一覧 接続しているサーバ内の場所が表示されます。
    3 ローカル側ファイルリスト 1のフォルダ内のファイルが表示されます。
    4 ホスト側ファイルリスト 2のディレクトリ内のファイルが表示されます。
  5. 以下の画面でコンテンツをアップロードします。ローカル側ファイルリストからアップロードしたい(ウェブサイトで公開したい)ファイルを選択し、画面左上のアップロードボタン図 24をクリックすると、右側のホスト側ファイルリストに移行します。
    これで、サーバへのアップロードが完了です。
    また、データを選択した状態で、ホスト側ファイルリストにドラッグアンドドロップしても同様にアップロードできます。

ウェブサイトのプレビューでの確認

ウェブサイトは、作成後すぐにインターネットアクセス可能になるわけではありません。

ドメイン名の登録後、または、ウェブサイトのIPアドレス変更後、DNSの切り替えが完了するまでは、作成したウェブサイトにアクセスできません。しかし、こちらのサーバでは「サイトプレビュー機能」を利用して、発行した直後のウェブサイトでも参照することができます。

ウェブサイトのプレビュー方法

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログインしてください。
  2. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、プレビューしたいウェブサイト名の下にある[プレビュー]をクリックすると確認できます。

コンテンツへのアクセスを制限する

インターネット上でウェブサイトを開設すると、アドレス(URL)さえ知っていれば誰でもアクセスができますが、特定のコンテンツは会員だけに公開したいといった場合に便利なのがアクセス制限です。

アクセス制限をかけると、そのウェブページを閲覧ための専用IDとパスワードが必要になります。

アクセス制限をかけるには

保護したいディレクトリの作成方法

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログインします。
  2. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、[パスワード保護ディレクトリ]をクリックします。
  3. [保護ディレクトリ]の画面が表示されます。
  4. ツールにある[保護ディレクトリを追加]をクリックします。
  5. [新しい保護ディレクトリ]を作成する画面が表示されます。
  6. アクセス制限を適用したいディレクトリを指定して[OK]をクリックします。

任意のユーザ名とパスワードの設定

  1. 次の画面で、該当の保護ディレクトリをクリックします。
  2. [ユーザを追加]をクリックします。
  3. 任意の[ユーザ名][新規パスワード][パスワードの確認]を入力し、[OK]をクリックします。

    [ユーザ名]は、1文字~20文字まで。半角英数字、特殊文字利用可能。
    ※パスワードは、8文字以上で、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を各々1文字以上組み合わせる必要があります。(例:P@ssw0rd12)
  4. 保護したディレクトリに接続するためには、設定した[ユーザ名]と[パスワード]を入力し確認します。
    保護したディレクトリのページが表示されれば設定完了です。※以下の画面は、Google Chromeの画面です。

データベース

サーバ上にデータベースを作成することができます。作成できるデータベースはMySQLとなり、MySQLの管理画面がphpMyAdminとなります。

データベースの作成と接続方法

  1. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、[データベースを追加]をクリックします。
  2. [データベースを追加]画面で、[データベース名][データベースユーザ名][新規パスワード][パスワードの確認]を入力し、[関連サイト]のプルダウンメニューから、このデータベースを使用するウェブサイトを選択します。多数のウェブサイトとデータベースがある場合、関連付けするサイトをご選択ください。

    ※[データベース名] [データベースユーザ名]は、1文字以上16文字以下。半角英数字、ドット、ダッシュ、アンダースコアのみ。
    ※[生成]をクリックするとパスワードが自動生成され、[表示]でパスワードを確認できます。
    ※パスワードは、8文字以上で、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を、各々1文字以上組み合わせる必要あり(例:P@ssw0rd12)
  3. データベースが追加されると以下の画面になり、[phpMyAdmin]をクリックすると、データベース管理画面に接続できます。
    ※[phpMyAdmin]は2か所ありますが、どちらからでも接続できます。
    ※1「データベース」画面から「phpMyAdmin」を選択して開く。

    ※2「ウェブサイトとドメイン」の画面から「データベース」アイコン下のデータベース名を選択し「開く」をクリックして開く。

データベース削除方法

データベースの削除は、インストールされたAPSアプリケーションで使用されていないデータベースやデータベースユーザに限り、削除することができます。リンクが表示されない場合、又はチェックボックスが灰色(無効化)の表示の場合、このデータベースは使用されており、該当アプリケーションを削除しなければ、データベースを削除することはできません。

  1. [ウェブサイトとドメイン]へアクセスし、[データベース]をクリックします。
  2. [データベースを削除]をクリックすると「このデータベースを削除しますか?」と表示されたら、「はい」をクリックします。
  3. データベースが削除されると以下の画面になります。

ウェブユーザ

ウェブユーザは、与えられた限定領域のみの管理を行うことができます。

http://ご契約ドメイン名/~ウェブユーザ名

で表示される領域となります。

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、[ウェブサイトとドメイン]画面の[ウェブユーザ]をクリックします。
  2. [ウェブユーザを追加]をクリックします。
  3. 任意の[サーバにFTP接続するためのユーザ名][新規パスワード][パスワードの確認]を入力し、[OK]をクリックします。パスワードは[生成]をクリックすると自動生成もできます。

    ※[サーバにFTP接続するためのユーザ名]は、半角英数字(小文字のみ)、ダッシュ、ドット、アンダースコアは使用可能。ユーザ名の先頭は英数字にする必要あり。
    ※[生成]をクリックするとパスワードが自動生成され、[表示]でパスワードを確認できます。
    ※パスワードは、8文字以上、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を、各々1文字以上組み合わせる必要あり(例:P@ssw0rd12)
  4. ウェブユーザが追加されました。

FTPパスワード再設定手順

  1. ドメイン管理者としてサイト管理画面にログイン後、[ウェブサイトとドメイン]画面の[FTPアクセス]をクリックします。
  2. 該当のFTPアカウントを選択します。
  3. 新しい任意の[パスワード]を入力するか、[生成]をクリックして任意のパスワードを自動生成します。
    [表示]をクリックすると、自動生成したパスワードが表示されます。
    [適用する]をクリックし、[OK]をクリックするとパスワードが変更されます。

    ※パスワードは、8文字以上、半角英数字(大文字・小文字)、特殊文字を、各々1文字以上組み合わせる必要あり(例:P@ssw0rd12)
メールソフト設定手順(新規アカウント)

本手順は、新規アカウント用のメールソフト設定手順となります。

▼各種メールソフトの設定方法


Outlook2013
Outlook2016
MAC Mail11
Thunderbird52.7.0
Becky2
ipad,iPhone11
Android8.0(Aqua Mail)

※手順書内のエーティーワークス指定の受信サーバの情報・エーティーワークス指定の送信サーバの情報につきましては、

サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報をご参照ください。


 

Windows 10 でOutlookをご利用の場合、「ようこそ」の画面が表示されてしまい、手順書通りに設定ができないことがございます。

その場合は、以下の手順にてアカウント設定いただきますようお願いいたします。

1.Outlookを終了していただきます。
2.「スタート」をクリックし、表示されたアプリの一覧の「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックします。

3.「コントロールパネル」を開き、右上の「表示方法」より「カテゴリ」を選択します。
4.「ユーザーアカウント」を選択します。 ※「ユーザー アカウントとファミリー セーフティ」の場合もあります。
5.「メール」を選択します。 ※「Mail(Microsoft Outlook ****)」の場合もあります。
6.Outlookと同じ画面でユーザーアカウントの一覧が表示されますので
こちらの画面より「新規」を選択いただきますと、手順書通りの作業が可能となります。


メールソフト設定手順(サーバ切替)

本手順は、サーバ切替用(現サーバ→新サーバへ移行)のメールソフト設定手順となります。

▼各種メールソフトの設定方法


Outlook2013
Outlook2016
MAC Mail11
Thunderbird52.7.0
Becky2
ipad,iPhone11
Android8.0(Aqua Mail)

 

※手順書内のエーティーワークス指定の受信サーバの情報・エーティーワークス指定の送信サーバの情報につきましては、サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報をご参照ください。
尚、【現サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報】【新サーバ開通時に送付済みのサーバ設定情報】が必要となります。


Windows7 のパソコンをご利用の場合、手順書通りにメールソフトの設定ができない可能性がございます。(暗号化通信が脆弱である為)
弊社では回避策として、Windows7 + thunderbird の組み合わせで正常に稼働することを確認済みです。


Windows 10 でOutlookをご利用の場合、「ようこそ」の画面が表示されてしまい、手順書通りに設定ができないことがございます。
その場合は、以下の手順にてアカウント設定いただきますようお願いいたします。
1.Outlookを終了していただきます。
2.「スタート」をクリックし、表示されたアプリの一覧の「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックします。
3.「コントロールパネル」を開き、右上の「表示方法」より「カテゴリ」を選択します。
4.「ユーザーアカウント」を選択します。 ※「ユーザー アカウントとファミリー セーフティ」の場合もあります。
5.「メール」を選択します。 ※「Mail(Microsoft Outlook ****)」の場合もあります。
6.Outlookと同じ画面でユーザーアカウントの一覧が表示されますので
こちらの画面より「新規」を選択いただきますと、手順書通りの作業が可能となります。

WordPressをご利用の場合

ワンクリックでWordPressをインストールする方法
ダッシュボードのログインIDとパスワードの確認方法
セキュリティチェック(セキュリティ強化)
自動更新の設定(WordPress本体)
複製(検証環境の作成)
同期(検証環境で更新した内容を本番環境へ同期)

ワンクリックでWordPressをインストールする方法

※本作業を行う場合は、 Internet Explorer 以外のブラウザをご利用ください。
 Internet Explorer の場合、特定のボタンが表示されない場合がございます。

  1. [ウェブサイトとドメイン]から[インストール]をクリックします。
    (※簡易インストールとなります。)
    [WordPress]→[インストール]からはカスタムインストールも可能です。
  2. WordPressのインストールが始まり、次の画面が現れます。
    ※https://wordpress.org より最新版を取得してきます。
  3. WordPressのインストールが完了します。(今回はいいえを選択します)
    プラグインをインストールする場合は、[プラグインをインストール]を選択します。
  4. WordPressインストール完了後、テーマ・プラグインのインストール・削除と、WordPress本体も含めたバージョン管理が可能となります。

ダッシュボードのログインIDとパスワードの確認方法

  1. [管理者]の横の[セットアップ]をクリックします。
  2. [管理者]と[現在のパスワード]が確認できます。パスワードは、目のマークをクリックして確認ができます。

セキュリティチェック(セキュリティ強化)

  1. セキュリティステータスの[表示]をクリックすると即時セキュリティチェックが始まります。]
  2. セキュリティチェックの結果が表示されますので、強化するセキュリティのチェックボックスを有効にして、[セキュリティ強化]をクリックします。チェックボックスが有効でない場合は[セキュリティ強化]ボタンがクリックできませんのでご注意ください。

自動更新の設定(WordPress本体)

  1. アップデートの [表示]をクリックします。
    デフォルトでマイナーバージョンを自動アップデートが選択されています。
  2. [表示]をクリックして、自動更新設定が変更できます。

複製(検証環境の作成)

WordPress サイトを複製すると、ウェブサイトファイル、データベース、設定がすべて含まれる完全なウェブサイトのコピーが作成されます。

  1. ツール欄の[複製]をクリックします。
  2. 複製先ドメインは、サブドメイン staging.<ドメイン名> がデフォルトで割り当てられます。データベースの複製先変更も行えます。[OK]をクリックすると複製が始まります。
    ※PS-01はサブドメインオプションが必要となります。
  3. WordPressの複製が始まり、次の画面が現れます。
    自動でstaging.<ドメイン名>のWebスペースを確保し、コンテンツ、データベースをそちらへ複製します。さらに、複製先データベースに合わせた、構成ファイルwp-config.phpの書き換えを行います。
  4. 複製作業は完了です。 staging.<ドメイン名> が複製されたことを確認できます。

同期(検証環境で更新した内容を本番環境へ同期)

複製したWordPressの動作確認ができたら、サービスサイトへコンテンツ、データベースを同期します。

※PS-01はサブドメインオプションが必要となります。
※ソースサイトがマルチサイト(WordPress)の場合、
ターゲットサイトがマルチサイトである必要があります。またターゲットサイトで[更新]を押下する必要もあります

  1. 更新元となる staging.<ドメイン名> 内のツール欄の[同期]をクリックします。
  2. どのサイトへ同期するか、どのコンテンツ、データベースを同期するか選択します。データベースの同期については、全てのテーブルを対象とするのか、新しいテーブルだけ、もしくは、選択したテーブルだけといった決定が可能です。
    ※wp-config、.htaccess、web.configファイルは同期されません。これらのファイルを変更すると、WordPress が正しく動作しなくなる可能性があるためです。
    ※Database Tables の All tables欄の【Except:XXXXX】を有効にした場合、固定ページ・投稿ページ・画像・ユーザ等は同期されませんので注意してください。
    ※万が一の為に復元ポイント(Create a restore point)の作成をお勧めします。
  3. WordPressの同期が始まり、次の画面が現れます。
  4. 同期日が表示されて、同期作業は完了です。

 

WordPress記事投稿手順(Gutenberg)

管理画面にログイン

https://ご契約ドメイン/wp-login.php
※ユーザー名・パスワードが必要となります。

管理画面へログインするとダッシュボードが表示されます。
左側のサイドバーに表示されているメニュー又は上部に位置するメニューを使い、
管理画面内を移動することができます。

[投稿]→[新規追加]からタイトルと本文を挿入


※画面はGutenbergの投稿画面です。
記事の本文は「ビジュアル」モードの編集となります。
HTMLの知識がない方でも感覚的に編集可能です。
尚、タイトル部分を選択すると、パーマリンクの設定・変更が可能です。

[左上にある「+」]から画像を挿入


挿入したい画像を選びアップロードします。
アップロードされた画像は「メディアライブラリ」に入ります。
写真だけでなく、配布したいPDFファイルやワードファイルも同様にアップロードすることができます。

右上に位置する[公開]から公開状態を選択


公開日時を未来の日時に設定することにより「予約投稿」も可能です。
公開の準備が完了していない記事は「非公開」を選択してください。

WordPress記事投稿手順(Classic Editor)

管理画面にログイン

https://ご契約ドメイン/wp-login.php
※ユーザー名・パスワードが必要となります。

管理画面へログインするとダッシュボードが表示されます。
左側のサイドバーに表示されているメニュー又は上部に位置するメニューを使い、
管理画面内を移動することができます。

[投稿]→[新規追加]からタイトルと本文を挿入

※画面はClassic Editorのプラグインを適用しています。

記事の本文は「ビジュアル」又は「テキスト」モードの編集が可能です。
HTMLの知識がない方は感覚的に編集できる「ビジュアル」モードをタブより選んでください。
「ビジュアル」モードでは上部のメニューより見出しの設定、太字、段落の中央揃え、
文章へのリンク挿入が簡単に行えます。

[メディアを追加]から画像を挿入

挿入したい画像を選びアップロードします。
アップロードされた画像は「メディアライブラリ」に入りますので、
挿入したい画像を選び、右の「添付ファイルの詳細」から配置やサイズを選び、「投稿に挿入」ボタンを押します。
写真だけでなく、配布したいPDFファイルやワードファイルも同様にアップロードすることができます。

右上に位置する[公開]から公開状態を選択

公開日時を未来の日時に設定することにより「予約投稿」も可能です。
公開の準備が完了していない記事には「下書き」を選択してください。
削除したい投稿は「ゴミ箱へ移動」してください。
[更新]ボタンをクリックすると、修正が反映されます。