おやすみドメインの提供を開始しました!

以前よりお問い合わせをいただいておりました、ドメイン保管サービスの提供を開始しました!

 

受付開始日:2022年8月5日(金)

 

おやすみドメインは、ご不要となったドメイン名の保管サービスです。
有効期限が切れ再登録が可能となった瞬間に、第三者がドメイン名を登録(ドロップキャッチ)し悪用するといった事象が発生しております。
ブランドイメージ低下のリスクを軽減するためにも、ご不要となったドメイン名は「即時廃止」ではなく、十分な冷却期間を経たのちに「廃止」されることをお薦めいたします。

おやすみドメイン 汎用型・属性型JPドメイン gTLD(海外ドメイン)※1
3年 15,750 円(税込 17,325 円) 12,420 円(税込 13,662 円)
5年 26,250 円(税込 28,875 円) 20,700 円(税込 22,770 円)
8年 42,000 円(税込 46,200 円) 33,120 円(税込 36,432 円)

※1 登録申請できるドメインに記載のあるドメインの価格となります。 gTLD以外やccTLDの取り扱いもございますので、お問い合わせください。

< 概要 >
・終了したイベント、サービス、プロジェクトなどに利用し不要となったドメイン名の保管サービスです。
・保管期間は 3年・5年・8年 から選択いただけます。
・保管期間終了日は、本サービスのお申し込みから保管期間の年数後のドメイン名の有効期限日となります。
・支払いは一括払いとなります。
・有効期限の連絡は行いません。申し込みのあった保管期間のドメイン名有効期限にて「廃止」となります。
・ネームサーバは解除となります。

 

< なぜドメイン名の保管が必要なの? >
・ドメイン名の「廃止」から一定期間が経過したのち、そのドメイン名は、条件を満たしていれば誰でも登録できるようになります。
・ドメイン名を「廃止」しても、他のWebサイトに貼られたリンクは消えません。また、検索エンジンの結果などに関する情報は残るため、イベントで利用したドメインなどは一定数のアクセス数などが見込めることなどから、そのドメイン名が新たに登録され悪用される場合があります。
・メールアドレスとして使っていた場合も、同じメールアドレスを作りなりすまし、他者 または 元の利用者の情報が盗まれるという場合もございます。
上記のことから、不要となったドメイン名の一定期間の保管を推奨いたします。

 

< メリット >
・ドメイン名の悪用リスクの低減
  悪用される例:詐欺サイト、誹謗中傷サイト、メールアドレスをログインIDとしていた各サービスの悪用
  ⇒これらによるブランドイメージ低下を未然に防止する。

 

< デメリット >
・一定期間の維持保管のための費用が発生する。

 

< 注意事項 >
・保管期間終了後に必ず悪用されないことを保証するサービスではございません。
・保管期間中の他事業者様への移管はお受け出来ません。
・保管期間終了前に「廃止」を希望された場合、すでに受領した維持管理費の返金は行いません。
・ドメイン名の利用再開を希望される場合は、再度お申し込みが必要となりますので、保管期間終了日の2か月前までにお申し出ください。
 すでに受領済の維持管理費用の返金は行わず、そのまま保管期間終了日までの費用と致します。
 再開後の維持管理費は、保管期間終了日となる有効期限の更新分から発生いたします。

  例:
  保管期間終了日   :2024年10月31日
  利用再開希望申し込み:2022年09月11日
   2024年11月1日~2025年10月31日分の維持管理費用から請求が再開
・保管期間終了日を迎え「廃止済」となったドメイン名の回復を希望される場合は、保管期間終了日から10日以内にお申し出ください。
  例:
  保管期間終了日   :2024年10月31日
   2024年11月10日までに申し出が必要

 

その他、規則等につきましてはこちらのページをご参照ください。
お申し込み、ご相談はお気軽にどうぞ。